歯のホワイトニング用の歯磨き粉を選ぶときの注意点

 

「ホワイトニングで歯を美しくしたい!」と考えている人が増えてきている近年。
薬局などに置かれている歯磨き粉の中にも、「歯を白く綺麗に!」などを
売り文句にした商品がズラッと並ぶ光景が当たり前となってきています。

 

このような商品を見つけると、ついつい効果がありそうな気がしてしまいますが、
使用する前には必ずどんな成分が含まれているのかをチェックしておきたいところです。

 

中には含まれているとあまりよくない成分が入っていることもあるので、
そのような商品には手をつけないように気をつけましょう。

 

例えば強すぎる研磨剤、強すぎる発泡剤など。
これらは口の中や歯に負担をかける恐れがあるので、できるだけ避けたいところです。

 

前者は使い続けているとどんどんエナメル質が削れ、
知覚過敏につながってしまう危険性があるでしょう。
後者は発がん性物質などの有害物質が存在していることもあるので、
健康面を考えると要注意です。

 

また、歯磨き粉にも、合成着色料や人工的な甘味料などの
化学物質を使用しているものが多いと言われています。

 

特に人間の口の中にある粘膜は、
有害物質などの成分を吸収しやすいと言われている部分です。
その部分に毎日触れることになる…ということを考えると、
極力化学物質などは避けておくのが無難でしょう。

 

そして特に女性だとわかりやすいと思うのですが、スキンケア商品を選ぶとき、
できるだけ肌に負担がかからないものを…ということを考えていませんか?

 

これは歯磨き粉選びをする場合にも、通用する考え方です。
デリケートな口の中に入るものは、やはりできるだけ無害なものがベスト。
スキンケア商品を選ぶ時のような感覚で、商品を選ぶように心がけると良いですよ。