ホワイトニングが必要になる歯の黄ばみ…原因は?

 

なぜ、ホワイトニングをするのか。それは歯が黄ばんでいるせいですよね?
では、その「歯が黄ばんでしまう」原因というのをみなさんは知っていますか?

 

一番の原因はやはり食べ物やタバコです。
コーヒー、紅茶、赤ワインといったものをよく飲む人は
ステイン汚れがつきやすく、歯が黄ばんでしまいがちです。
ですから、これらが好きだという人は、特に歯が黄ばまないように注意しなくてはなりません。

 

この食べ物の汚れというのは最初は表面のみの汚れなのですぐに取れますが、
時間が経つと歯の表面のエナメル質に染み込んでしまい、取れなくなってしまうのです。
また、タバコはヤニが歯についてしまい、これが黄ばみの原因になるので特に注意が必要ですよ。

 

歯が黄ばむというのは外からの刺激だけではありません。
中には内側からの原因というのもあります。

 

例えば加齢です。
歯というのは象牙質と呼ばれるものの上をエナメル質が覆っているのですが、
このなかにある象牙質の色は年齢とともに濃くなっていきます。
そしてエナメル質が薄くもなっていくため、結果として黄ばんでいるように見えてしまうのです。

 

さらに特定の薬を服用していたり、特定の栄養素を過剰に摂取してしまったりすると
歯が黄ばんでしまう原因になることがあるようです。

 

いろいろな原因によって歯というのは黄ばんでしまうものです。
まずは自分の黄ばみの理由を知りましょう。

 

その理由によって改善策も変わってきます。原因を知れば、その方法もわかりますから、
歯を白くしたいなら歯に対して積極的な態度でいなくてはなりませんよ。

 

おすすめサイト

@COSME 歯のホワイトニング

http://www.cosme.net/effect/effect_id/1079/top
ホワイトニングに関する様々な情報を読むことができます。